「波上宮」厄払い祈祷行ってみた@那覇市 若狭

今年は本厄となっているから「波上宮」にて厄払い祈祷に行ってきました。

 

私は信心深い方じゃ無いんですけど、最初の厄年「24歳(前厄)、25歳(本厄)、26歳(後厄)」の時にヒドい目にあったと感じています。

その時は、若いということも有り

「厄払い祈祷? なんじゃそりゃ? ンなモンに金払うわけないだろ!」

と思ってもちろん祈祷などするはずもありませんでした。

 

 

厄払い祈祷をしなかったのが原因というわけではないですけど、最初の厄年は悲惨だったと今でも思います。

 

その当時、私には可愛い彼女がいました。

ところが本厄の25歳時に、会社に転勤を命じられ離れ離れに…

遠距離恋愛がうまく行くはずもなく、半年後くらいからギクシャクし始めて別れることになってしまいました。

私としては当時とても大好きな彼女だったため、とてもショックが大きかったので「もう!誰も好きになるもんか!」って思いました。

 

その後、後厄の26歳時にはフラれたショックをズッと引きずり、仕事が終わると同僚や後輩達と毎日の様に飲みまくり、休みの日は朝からパチンコ店に入り浸りの生活を繰り返してしまい、借金で首が回らなくなる状況になってしまいました。(後厄関係なく自業自得だけど…)

 

そういった苦い過去(自業自得)があったから今回は、気分的にも「私は厄払い祈祷したよ!」ということで、気持ちを軽くしておきたいと思い、今回、祈祷することにしました。

 

 

 

「波上宮」の場所はコチラ

住所:沖縄県那覇市若狭1丁目25−11

営業時間:年中無休

電話:098-868-3697

FAX:098-868-4219

予約:予約可

駐車場:有り

 

 

予約可能ですけど、「厄払い祈祷」は当日に祈祷依頼者をまとめて行うので、予約をせず波上宮に行って手続きをすれば祈祷を受けることができます。

 

ちなみに午後は参拝者が増えるのから、祈祷は午前10時までに行って最初で祈祷を受ける方がスムーズです。(私は休日を利用して、10時に合わせて行ったので午前11時までには終了しました。)

 

波上宮は両縁結びのご利益があるそうで神前結婚式をする方が多く、県外からも来る方もいるみたいです。

その他にも下記の様なご利益があるそうです。

 

  • 良縁祈願
  • 家内安全
  • 所願成就
  • 悪縁消除
  • 厄除
  • 安産祈願
  • 幸運長寿
  • 大漁祈願
  • 五穀豊穣

 

沖縄県でも多くの企業が毎月初旬には「商売繁盛 祈祷」で多くきたり、海外観光客(多くが中華圏の方々)がお参りに来ることが多いです。

厄払い祈祷以外にもご利益があるので、ご利用内容で訪問してみてはどうですか?

 

 

 

午前10時前ですけど、すでに参拝者でいっぱいです。

鳥居を通る前に会釈をして端っこから通ります。

 

 

 

祈祷前に「手水」を行います。

 

 

 

「手水の作法」手順です。

  1. 右手で柄杓に水を汲み左手を洗います。
  2. 柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗います。
  3. 柄杓を右手に持ちかえ、左手に水を受け、口をすすぎます。※柄杓に口はつけません
  4. もう一度、左手を洗います。
  5. 最後に柄杓をたて、柄杓の柄に水を流し、元の位置に置きます。

 

上記の作法で左手、右手を洗って心身を清めます。

 

 

 

 

厄払い祈祷案内板です。

ちなみに2019年バージョンで、数え年でこの年齢の方は「厄払い祈祷」をした方がいいですよ〜という目安です。

 

 

 

「手水」を済ませ受付を終えると、上記画像の様な物を渡されます。

「これを首からかけてお待ちください」と巫女さんにいわれたので、首からかけて呼ばれるまで待ちます。

 

 

 

波上宮の事務側に入ったことが無かったので、こんな感じなんだ〜と驚きです。

 

 

 

意外に待つための座席は多かったです。

 

 

 

波上宮境内(というんですかね?間違っていたらすいません)に入りました。

お賽銭が置いてある更に奥の部屋です。

ここで神主さんに厄払い祈祷を行ってもらいます。

 

「どドン!どん!どん!どん!」と祈祷する神主さんが太鼓を叩き初めて厄払い祈祷スタートです。

 

祓詞を神主さんに祈祷してもらったら今度は、厄のある私達自身が祈祷します。

波上宮では神主さんが作法を教えてくれたので、事前に作法を勉強しなくても良かったです。

 

 

 

厄払い祈祷で厄を払った神グッズをもらいます。

 

 

 

神グッズの一つの「破魔矢」です。

神主さんに「この破魔矢は、玄関の方に向けて設置して下さい。 そうすれば、厄を払ってくれます。」と習いました。貼り方はマスキングテープとかでも構わないので、固定して玄関に向かって飾ります。

 

 

 

「破魔矢」意外の神グッズです。

左から「天照大神」のお札で、真ん中が「波上宮」のお札で、最後右側が「厄払い祈祷」のお札です。

 

私は神棚を持っていないので、壁に直接貼り付ける方法で部屋に飾っています。

貼り付ける際に画鋲などで貼り付けるのは流石に、神グッズなのでやめた方がよいそうです。

私は強力両面テープで貼り付けました。

 

 

貼り付ける方角、貼り付け方、順番等の決まりごとあるからキチンとやった方が厄払いにも効果があると思うから、説明サイトなどをみてキチンと対応しましょう。

 

 

最後に今回の「厄払い祈祷」の金額は波上宮で¥5000でした。

気持ち的に「厄払い祈祷」するだけでスッキリするなら¥5000は安いと思います。

厄年にあまりよい思いをしたことが無ければ「厄払い祈祷」お勧めしますので試してみて下さい。