「居酒屋 松乃家」行ってみた@久米島町 太田

仕事を終え日課のジョギングも終えて、仕事仲間と軽く食事に行くことになり久米島中泊方面で、地元島民にとても人気の「居酒屋 松乃家」に行って来ました。

 

 

 

住所:沖縄県久米島町字大田567

電話:098-985-3954

営業時間:17:30~24:00(LO 23:30)

駐車場:有り

 

 

 

店舗の外観です。

 

 

 

店内の様子です。

店舗内に入った際に思ったのが、外観からは想像出来ないぐらい店内は「広い!」です。

入ってすぐに、4名座席が4つ、4名テーブルが3つ、カウンターに5,6席、奥にも宴会用?の座席もあり久米島町でもこんなに広いのは「居酒屋 松乃家」さんだけでは?と思います。

自分達は18時頃に入ったので写真ではガラガラになっていますが、この後、1時間ぐらいで地元島民で満席近くまで埋まります。

すぐ埋まるそうなので開店後の18時から行った方が無難です。

 

 

 

飲み物のメニューです。

泡盛は地元の酒造で久米島酒造と米島酒造を置いています。

お酒好きな私は1合で色々な銘柄を楽しむ作戦で飲みました。

 

1合目:美ら蛍 ¥600

10年ほど前に飲んだ時は口に合わなかったのですが、今回飲んだ時には味が美味しくなっていました。

10年経ったので古酒になったのかな?意外に美味しかったです。

 

 

2合目:久米島の久米仙ホワイト ¥700

コチラは以前「久米島の久米仙ホワイト 古酒12年」と称して販売されていましたが、現在は「久米島の久米仙ホワイト」のみの表記で販売されているので、古酒12年ではないと思われます。

現在販売されているものはたぶん…3年~5年物の古酒だと思われます。(ドコにも表記されていないため何年ものかは判断がつかないです。)

味の方は濃厚なんですけど、サッパリといった美味しさです。(雑ですいません…)

 

 

3合目:久米島の久米仙ブラック

コチラは3年物の古酒を51%新酒と配合したブレンド古酒になります。(たぶん…先程のホワイトも同じ感じの配合だと思われます。)

味の方は濃厚で古酒の香りがとても強いです。氷が溶けてくるととても甘くなり美味しいです。

 

 

 

食べ物のメニューです。一品料理が多いです。

 

 

 

コチラも一品料理メニューです。

 

 

 

定食などもあって夕飯とビールを楽しむお客さんもいらっしゃいました。

 

 

 

お通しの「浅漬けの漬物」です。

 

 

 

刺身盛り合わせ(竹) ¥2,000

タコ、イカ、サーモン、シメサバ、マグロ、赤貝等々です。

 

 

 

ふーちゃんぷる~ ¥600

沖縄の定番料理のひとつです。

 

 

 

牡蠣フライ ¥650

結構大きくて美味しかったです。

 

 

 

エビ餃子 ¥500

実は久米島町は「クルマエビ」の養殖が盛んで、地元エビを使用したエビ餃子らしいです。

プリプリのエビがとても美味しい餃子でした。

 

 

 

餃子 ¥400

エビ餃子が美味しかったので「ノーマル餃子はどうなんだ?」ということで頼みました。

餃子もあんがしっかりしていて、コチラも美味しかったです。

 

餃子の種類が意外に多くて他にも「手羽餃子」、「久米島産もずくの餃子」、「山羊餃子」、「チーズ餃子」、「にんにく餃子」と7種類も餃子種類があります。(過去にはメニューで黒く塗りつぶされている箇所にもっと餃子の種類があったと思われます。)

 

 

ホッケ ¥500

コチラは少し身が小ぶりな感じがしました。

 

 

 

ヒラヤーチ ¥350

沖縄版お好み焼きといった方がわかりやすいと思います。

沖縄県民のソウルフードのひとつですね

 

 

 

いや~

3合も泡盛を飲んで料理も結構頼んで色々食べたので、いい気分で美味しいお酒と料理が楽しめました。

久米島へ観光に行った際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

行くならホントに17:30のオープンから18時までに行くのをオススメします。

それ以降だと満席で断られる可能性大ですので…

 

 

居酒屋 松乃屋居酒屋 / 久米島町)

夜総合点★★★☆☆ 3.5