「タイ」行ってみた② 絶景!スカイバー最高!!

タイ旅行2日目です。

この日から色々と観光地を巡るので

めちゃくちゃ楽しみだったのを覚えています。

 

 

 

起床して部屋のカーテンを開けるとこんな感じでした。

自分は11階の部屋だったので結構見晴らしがいい方だったと思います。

 

 

 

下を見てみるとプールがあります。

結果的に自分は利用しませんでしたが

タイは暑いのでけっこう利用者が多かったのを覚えています。


 

 

ロビーにAM10:50集合だったので

起床してお風呂に入り着替えをし

リュックを持ってロビーに向かいます。

 

 

 

ロビーはこんな感じでした。

先に会社同僚達もいて

コレからの観光のこととかを楽しみに話し合っていました。

 

 

全員集合し11:00頃にはいよいよ観光出発です。


 

 

観光に行く前に日本円をバーツに両替しないと何も買えないし

サービスもウケられないので両替所に皆で向かいました。

 

 

 

タニヤという歓楽街のお昼の街並みです。

この時間帯で気温は33℃!

風も無いのでめちゃくちゃ暑かったです。

 

 

自分のようなデブおっさんにはタオルは必需品なので

汗かきの方はタイに行くときはぜひ持参しましょう。

 

 

宿泊日数分用意するか現地調達が無難です。

 

 

 

 

 

 

 

早速、日本円をバーツに両替をします。

レートは0.29なので、¥50,000×0.29=14,500バーツでした。

 

 

しかもこの両替所は両替すると

水のペットボトルをサービスでくれます。

(隣も両替所ですがそっちは何のサービスも無かったでした。)


 

 

 

両替を終えチャーターしたガイド車へ乗り込み昼食場所へ向かいます。

 

 

ちなみに自分達がチャーターした旅行代理店は「案内THAIというところです。

 

 

運転手さんも笑顔で対応してくれるし

日本語が上手なガイドさんもいるので

行きたい場所などすぐに伝えられます。

 

 

途中の観光ルート変更などにも対応可能なので

渋滞に捕まった時に時間を無駄にしたくない場合にはとても助かりました。


 

 

 

昼食場所は「ファンセンフォン」とい中華料理店でした。

 

 

 

焼売なのかな?最初はこの種類が出てきて食べたときに余り美味しくなかったので、少しがっかりでした。

やはり海外での食事は日本人にはあわないのかな〜と思っていたら炒飯がきました。

 

 

 

米はタイ米ですがとっても美味しい炒飯でした。

 

 

 

コチラは海老春巻きッポイ料理でした。

とってもパリパリした春巻きにプリプリ海老が

とっても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

最後はフカヒレスープです。

この店はフカヒレスープがとても有名らしいです。

 

 

先程の炒飯にかけて食べるととっても美味しかったです。

とても美味しかったので

フカヒレスープはおかわりして食べました。


 

 

昼食を終えて向かった最初の観光地は「ワットアルン」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワットアルンへは渡し船で向かいます。

 

 

この渡し船ビックリするのが岸に着けるときに壁にドーン!と

1度ぶつけてから止まるという

何とも雑な止め方に思わず笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着すると色々な像があります。

 

 

 

 

 

 

タイの王様ですかね?絵が飾られてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレがワットアルンですね

噂には聞いていたが本当に白いです。

 

 

 

 

 

 

三国志の関羽っぽい像ですね。

自分は歴史建造物が大好きです。

 

 

この様な観光地に来るととてもテンション上がりまくり

気づいたら写真をめちゃくちゃ取りまくってました。


 

 

次に向かったところが「ワットポー」

ココはあの有名な涅槃像が展示されているお寺です。

 

 

 

観光客皆が見上げていまたので何かと見上げると

 

 

 

涅槃像の顔が…

「で…デカい!」

まるでモンスターハンターで初めて

「イビルジョー」と出くわしたときぐらいの驚きがありました。

 

 

 

 

 

 

デカいし長いし…でも最後にもっと驚きが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の裏がこんな風になっているとは…

激レアアイテムが剥ぎ取れそうな感じです。

 

 

 

 

 

 

20バーツのお布施を寄付して

煩悩を無くすための儀式をやりました。

 

 

煩悩は無くなったんだろうかは微妙なところですが(笑)

 

 

 

最後にこちらで皆で記念写真を取ってワットポーを後にしました。


 

 

次に行った場所はバックパッカーの聖地と言われているカオサン通りです。

 

 

自分達が行った時間帯が15:00頃だったからなのか

事前にネットで得た情報より人が少なかったです。

 

 

 

カオサン通りのマック入口に

この様な観光客ウケを狙ったドナルドが居ました。

 

 

もちろん自分もバッチリ写真を撮りました(笑)


 

 

夕方になるとどんより雲が出てきたので

スコールが来る前にいったんホテルに戻りました。

 

 

タイは相当暑いのでホテルに戻ると

自分はシャツもズボンも相当汗臭くなっていました。

 

 

風呂に入り少し休憩してから皆と夕食場所に向いました。

夕食場所はホテルから徒歩で5分くらいの場所にある

「ソンブーン・スラウォン店」というカニ専門店です。

 

 

 

国内外の著名人が訪れることが多いお店で有名らしく

日本の秋篠宮殿下や小泉元首相の写真が店内に飾られていました。

 

 

 

コレがこのお店自慢のメニュー「プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)」です。

 

 

カニだけでも贅沢なのにカレーで炒めるとは…

何と贅沢な料理なんだろうと思いながら食べました。

 

 

辛そうに見えますが辛味はほとんどなく

カニの旨みがソースに溶け込んでとても美味しかったです。

 

 

 

 

海老団子です。

 

 

 

この様な円卓席で夕食を楽しみました。

いや〜 とてもよい夕食でした。


 

 

夕食を終えこの旅の案内役がどうしても

皆に歓楽街を見せたいということで

「ソイ・カウボーイ」と「ナナプラザ」をサッと見学しました。

 

 

 

 

 

 

こちらが「ソイ・カウボーイ」の夜の街並みです。

 

 

歩いていると水着の女性が近づいてきて

「一緒に遊ぼうと」と積極的に声をかけてきます。

 

 

自分はこの日、絶対に行きたい場所があったため

つたない英語で「ノーセンキュー」と

水着の女性に断りを入れ「ソイ・カウボーイ」を後にします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「ナナプラザ」です。

先程の「ソイ・カウボーイ」も凄かったですが

コチラは更にレベルアップした場所です。

 

 

女性だけで無く「ニューハーフ」の方も多く働いている場所でした。

 

 

アーケードで仕切られた建物の真ん中にはBarがあり

1階と2階に風俗店がアチコチにある感じで圧巻の光景でした。


 

 

「ソイ・カウボーイ」と「ナナプラザ」の雰囲気を見学後に

ホテル近くの「タニヤ」という歓楽街に行くメンバーと

他行動するメンバーに別れ自由行動になりました。

 

 

やっとこの時が来たか!

 

 

先程も話しましたが

今回の旅で絶対に行きたい場所がありました。それは…

 

 

「ルブア・アット・ステートタワー」にあるルーフトップバーの「シロッコ」です。

 

 

「シロッコ」で最高の夜景を見ながら

美味しいウイスキーを飲むというのが今回の旅の1番の目的でした。

 

 

私は見ていないですが映画「ハングオーバー2」にも登場したこともある

スカイバーなのでそこで飲むお酒は非常に美味しいだろうと楽しみにしていました。

 

 

「ルブア・アット・ステートタワー」に到着し

「スカイバー行きたい」とホテルマンへ伝えると

エレベーターがある場所へ通されます。

 

 

エレベーターの階数は64階を表示し

ドンドンエレベーター上がって行く度に

ワクワクが止まりませんでした。

 

 

 

到着し最初に通された場所は

ベッド位の長さがあるソファーが

連続しているような場所に通されました。

 

 

確かにココでも夜景がキレイに見えますが

自分が思っていた場所と違ったので

翻訳アプリを駆使してスタッフへ

「映画ハングオーバー2にもでた場所に行きたい」と伝えると

また別の場所に通されました。

 

 

 

通された瞬間一気にテンションマックス

そうだぜ!ココだぜ!

 

 

 

夜景がとても素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の観光客が写真を取るときに

コップをかざしながら撮っていたので

自分も真似して同じポーズで撮りました(笑)

 

 

 

 

 

 

写真ではキレイに収められなかったですが

Barが円状になっていてコチラで飲み物をオーダーする形になります。

 

 

 

 

 

 

外国なのに日本と同等かそれ以上に接客レベルも高く

ジャズの生演奏もありとても気分を高揚させてくれます。

 

 

ウイスキーの値段は1杯650バーツ〜1,200バーツと高めですが

価格上回る価値がココにはありました。

 

 

コレは経験してとても良かったと感じています。

 

 

2時間ほど飲んで名残惜しいですが

「シロッコ」を後にし宿泊ホテルへ戻ります。


 

 

自分を合わせ3名で「シロッコ」に行ったのですが

高揚した気分は収まりを知らず

宿泊ホテル横の日本版 居酒屋で飲みなおしをすることに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シロッコ」体験メンバーで「シロッコ」の凄さを語りながら

タイで刺身が食べられる喜びを語りながら

夜中の2時まで飲みまくりました。

 

 

いや〜

目的だった「シロッコ」に行けたのでとても満足した1日でした。

 

 

このワクワクを胸に秘め3日目の旅も楽しみたいと思います。