「ふるさと納税ワンストップ特例制度」手続きした

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは何か?

 

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは次の条件を満たすと、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度です。

 

  • ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者である
  • 1年間でふるさと納税の寄付先が5自治体以内である

 

主に私達の様なサラリーマン等の

給与所得者が面倒な確定申告をしなくても

ふるさと納税を楽に利用できるようにした制度です。

 

 

 

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度申請方法

 

 

ふるさと納税の寄附を行う際に

「ワンストップ特例制度利用する」というチェックボックスにチェックを入れる

 

 

例えば私が利用している「ふるなび」の場合だと

寄付先と御礼品を決定して手続きを進めていくと

上の様なフォームにたどり着くと思うので

1番上の「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックをします。

 

 

特例申請書と各種書類を準備する

「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れて

ふるさと納税を申請手続きすると

何日か経過後に寄付先の自治体から書類が届きます。

 

 

今回、私がふるさと納税した自治体から届いた書類です。

 

 

中身はこの様な感じでした。

 

 

 

【1枚目 表】

お礼内容とワンストップ特例制度の説明があります。


 

 

 

【1枚目 裏】

書類の記入方法説明されてます。


 

 

 

【2枚目】

こちらは寄附を証明する書類です。

 

 

確定申告をする際に必要な書類らしいです。

 

 

私は「ワンストップ特例制度」を利用するので不要ですが

もしものために保管しておきます。


 

 

 

【3枚目】

住所等は「ふるなび」でふるさと納税申請手続きすると自動で記入されてます。

 

 

マイナンバーを記入する欄があるのでそこを自筆記入します。


 

 

 

【4枚目】

最後にコチラの書類に

「マイナンバーカード」持っていれば

「マイナンバーカード」の両面コピーを貼り付けます。

 

 

「マイナンバーカード」を持って無い人は

「マイナンバー通知カード」の両面コピーを貼り付けます。

 

 

私は「マイナンバーカード」の両面コピーと

「運転免許証」の両面コピーを貼り付けて自治体に返送しました。

 

 

手続きが少しだけ面倒くさいですが

この手間を掛けるだけで下記のように税金控除が受けれますので

面倒くさいのを我慢してガンバって手続きしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼品のAmazonギフト券はまだ届いてないですが

(1ヶ月前後かかるみたいです。)

楽しみに待ちたいと思います。

 

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」如何ですか?

確定申告よりは面倒くさくないので

ふるさと納税を利用する際には

コチラの手続きがおすすめですのでぜひとも試してみて下さい。

 

 

「ふるなび」でふるさと納税してみる